ホコリ掃除道具の決定版!ACTウールダスターを3年間使った感想、口コミ

ワシは以前、「ウェーブ ハンディワイパー」を使ってました。

 

理由は特になく、前の職場でこれを使っていたから。

ホコリはよくとれるんですけど、付け替えるのがコスパ悪いよね。
エコじゃないし。(´・ω・)

 

そこで目をつけたのが、今回紹介するACTウールダスター。
「先端を取り替えなくていい!」
もうね、「一生これでいい」と思ってます。

ACTウールダスターを買おうかどうか迷っている人。
ホコリ掃除道具を何にしようか迷っている人。

この記事を読むと、悩んでいる時間が短縮するかもしれません。

 

ACTウールダスターを3年間使った感想、口コミ

 

エコでコスパがいい

この一言です。

付け替えなくていいんです。
そのままずっと使えるんです。

 

ホコリの取れ具合は?

もしかしたら「ウェーブ ハンディワイパー」の方が若干良いかも。
ちゃんと比較したわけじゃないので、わかりません。

スリッカーブラシで手入れをして、毛をフワッとさせると、ホコリの取れ具合が良くなります。

 

3年間使える耐久性

約3年使っていますが、まだバリバリ現役です。
ブラシで手入れをしていると、毛が少し抜けるので、いつか使えなくなる日がくるのだと思います。

 

静電気を発生しにくい

ACTウールダスターは天然ウール100%。
天然素材なので、静電気を発生しにくい。
そのため、「電気製品やパソコンまわりで使用しても、支障が起こりにくい」といわれています。

 

羊毛ウールでホコリがとれる理由

羊毛繊維の表皮はスケール(キューティクル)と呼ばれるウロコ状の集合で成り立っています。
このウロコ状の表皮が細かなホコリでもしっかりと取り込みます。

~ACT JAPAN ホームページより~

 

医療環境で使われている信頼性

ウールダスターは、高中低所のホコリ取りに威力を発揮し、空間ダストを減少させるため、衛生的な院内環境づくりに貢献してます。

~ACT JAPAN ホームページより~

 

ACTウールダスターの使い方

グリップを両手で挟んで回すと、毛がフワッと広がります。
あとは普通に使うだけ。

伸縮可能なレギュラータイプ(80~最大120㎝)とハンディタイプ(55㎝)がありますが、わしはハンディタイプを使っている。

家の中で使うならハンディタイプで十分だと思います。
身長167㎝の場合、高いところも、ギリギリ届きます(女子は難しいかも・・・)。

取ったホコリは戸外やゴミ箱などの上で払い落とす。
わしはほとんど戸外。
手でパンパンしてホコリを落としています。

※掃除機で吸い取ると、毛が抜けてしまうそうです。

上記の方法でも取れない時は、ペット用スリッカーブラシを使うと、ホコリや髪の毛が取れますよ。

そして、もれなくフワフワ感が復活します。

ペット用のスリッカーブラシは100均で買いました。

 

お手入れ方法

・汚れが生じた場合は、ご家庭で洗えば再生できます。
・ウール洗剤を水、ぬるま湯で希釈し短時間で押し洗いします。
・30℃以下のぬるま湯、又は水を用いてください。
 ※お湯は避けてください、縮みの原因になります。

・すすぎ後タオルなどに包んで水分を取り陰干しします。
 ※ねじったり、絞ったりしないで下さい。
・洗剤は必ずウール用の中性洗剤を使用してください。
 ※漂白剤は絶対に使用しないでください。
  特に塩素系や酵素入り洗剤は使用しないでください。

完全に乾いてからブラシなどで軽くブラッシングすると元の風合いに戻ります。
 天然繊維なので、最初若干(遊び毛)抜け毛がありますが品質には問題ありません。

~ACT JAPAN ホームページより~

一度洗うとウールダスターの毛先が絡まって、最初の風合いがなくなってしまいますが、ペット用のスリッカーブラシを使うと、フワフワ感が復活します。

 

個人的にACT製品は好き

「先端の取り換えが面倒!」って思っている方は、とりあえずACTウールダスターを買っても、後悔しないと思います。

☆おすすめポイント
・先端を取り替えなくていい
・3年以上使える耐久性
・ホコリがちゃんと取れる
・手入れが簡単

ACT製品は他にも、クロスとかキッチンメッシュなどを使っています。
ACTは環境に配慮しつつも、品質の高い物を作られているので好き。

 

それでは、今日はこの辺で。
最後まで読んでくれて、どうもありがとうございました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


プロフィール

名前:ひー
資格:理学療法士
病気を治す方法、病気にならない方法を追究中。
食べ物、運動なども大切だが、意識(思い)を改善しないと真の健康は得られないと気付く。
例えば、争い、憎しみ、怒り、心配事、嫉妬、不安、ねたみ、利己主義・・・どれも病気の原因になると思っています。これらは分離感から生じることが多い。
SORA(空)はひとつ。
みんながひとつの方向に進むシナリオを、みんなで描いていきたい。

おすすめ記事