「どなん」(化石サンゴ)を使って、トマトやナスの苗を植えました。~無農薬、無化学肥料で素人が家庭菜園~

無農薬、無化学肥料の家庭菜園日記です。

2018年6月30日、ついに苗を植えました。

正直、全く土作りできていないです・・・(;´・ω・)

苗を植えるときに、「どなん」(化石サンゴ)を使いました。

「どなん」を販売している北海道コーラルさんに、「どなん」を使った苗の植え方を教えてもらったので、紹介します。
とても簡単なので、ぜひご覧ください。

 

無農薬の苗が売ってないっ!!

いつもだったらホーマックとかに売っているのに(;´・ω・)
やっぱ時期が遅いからですね。

「普通の苗でいいかっ」

とあきらめかけていたとき、友達から連絡がきました。

 

「知り合いのじいさんが、無農薬で作った苗もってるよ」

 

天は我に味方した。
その苗、ありがたく頂こう!!

 

頂いた苗が貧弱

いや~、トマトとナスの苗もらったんですけど、それがワケありで・・・

そのじーさん、もともと農家だったんですけど、今はサービス付きの高齢者住宅で暮らしているそうな。

それでも、室内で無農薬栽培の研究をしていて、施設の小さな庭に苗を植えたんですって。

畑の面積の都合で植えきれなかった苗を、捨てるに捨てられなかったそうで・・・
その間、大した世話もせず、日陰に放置していたらしい。

 

かなりひょろひょろした苗です。

 

でも、おじーさんの遺伝子、うけつぐぞ!!

 

「どなん」を使った苗の植え方

「どなん」をひとつかみ穴の中へ

 


あとは普通に、水かけて、苗植えます。

 

やっと畑っぽくなりました

ネットで調べながら支柱を立てました。
   

トマト、ナスの他にリーフレタスや、ハーブなんかも植えました。

 

死んだ土地でどこまで育つのか・・・

 

今日もありがとうございました。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


プロフィール

名前:ひー
資格:理学療法士
病気を治す方法、病気にならない方法を追究中。
食べ物、運動なども大切だが、意識(思い)を改善しないと真の健康は得られないと気付く。
例えば、争い、憎しみ、怒り、心配事、嫉妬、不安、ねたみ、利己主義・・・どれも病気の原因になると思っています。これらは分離感から生じることが多い。
SORA(空)はひとつ。
みんながひとつの方向に進むシナリオを、みんなで描いていきたい。

おすすめ記事