あの福山〇治も行っている入浴方法

「君よずっとしあわせにぃ~」

なんかこの曲を歌うとき、自然に声を寄せちゃいます。

 

ひーです。

 

福山さんって、体洗うとき、石けん使わないらしいっすよ。

 

今日は地球を汚さず、あなたをきれいにする体の洗い方について。

サクッと読んでね。

 

お湯洗いが乾燥肌を防ぐ

タモリさんも石けん使わないことで有名ですよね。
以下、タモリさんのコメント

・湯船に10分も浸かれば汚れの80%は落ちる
・石鹸でゴシゴシ洗うと皮脂を落としすぎてしまい、
かえってベタベタした汗が出る
・肌はこすらずに撫でるようにお湯で洗うだけで十分

 

「素人がそんなこといって~、なんか不潔で不安だわ」

(ざわざわ、ざわざわ)

うんうん。わかるよ~。

では、お医者さんに聞いてみましょう!

 

東京医科歯科大学、藤田紘一郎名誉教授のコメント。

「皮膚の表面には10種類程度の常在菌がいて、酸性の膜を作っている。

いわば、それは皮膚を守るバリアーなのだが、石けんで洗うことで、常在菌の9割が取れてしまう。

若い人でも、常在菌が元に戻るまで12時間かかる。
ゴシゴシ洗うことは皮膚にとっては危険だ。」

NEVERまとめより

 

う~ん。(マンダム)

まだ不安ですか?

では、ひーのおすすめ入浴方法を追加発注( `ー´)ノ

 

ナノバブル水で石鹸いらず

ナノバブル水は超微粒気泡の作用で汚れを落とします。

多くの洗剤には「界面活性剤」が入ってますよね。
界面活性することで、汚れが落ちやすくなるんです。

ナノバブル水は界面活性剤を入れなくても、水が界面活性されるんですよ。

 

マイクロバブルのスイジンくんが、わしのおすすめ。

シャワーヘッドにつけるタイプや、浴槽に入れるタイプもありますよ。

しか~も~

スイジンくんのマイクロバブルは、塩素の害を弱めてくれますぜ!

ビタミンCで塩素を無害化

塩素の入った水道水で、金魚は生きていけません。

塩素を甘くみると、痛い目にあうかも・・・

 

ビタミンCを入れることで、塩素を無害化できます。

ビタミンC(アスコルビン酸)で塩素を除去する
反応式は以下のとおり。

C6H8O6 + NaClO  → C6H6O6 + H2O + NaCl
(ビタミンC+次亜塩素酸ナトリウム → 酸化ビタミンC+水+塩化ナトリウム)

 

ビタミンCはAmazonなどで入手できるので、チェックしてみておくんなまし。

 

 

地球の水を汚さない

お風呂で使った水は、巡り巡って自分に返ってきます。

(『家庭で毎日行われる自殺行為を参照してください)

 

気づいたことからはじめよう

ボデーソープの成分をみると、わけのわからないものが入ってますよね。
もちろん、飲んだらヤバイよヤバいよ。

わしは、これが海に流れていくと思うとゾッとして、石けんを使うようになりました。

そして、

石けんを使わなくても、ある程度の汚れが落ちること、その方が肌に良いこと知り、石けんの使用量が減りました。

 

あなたも気づいたことから、はじめてみてはいかがでしょうか(^_-)-☆

 

それでは、最後まで読んでくれて、ありがとうございました。

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


プロフィール

名前:ひー
資格:理学療法士
病気を治す方法、病気にならない方法を追究中。
食べ物、運動なども大切だが、意識(思い)を改善しないと真の健康は得られないと気付く。
例えば、争い、憎しみ、怒り、心配事、嫉妬、不安、ねたみ、利己主義・・・どれも病気の原因になると思っています。これらは分離感から生じることが多い。
SORA(空)はひとつ。
みんながひとつの方向に進むシナリオを、みんなで描いていきたい。

おすすめ記事