浄水器は雑菌だらけ!?フィルター交換不要のおすすめ活水器

ホームセンターで手頃に買える、蛇口につけるタイプの浄水器。
「とりあえず、安いから」と、これを買う人がいます。

安い浄水器をお求めなら、スイジン社「マイクロバブル生成器(ヘルシーBUBBLE-2)」がおすすめ。

なぜなら、フィルターがないので雑菌が溜まる心配がないから。

浄水器のフィルターには雑菌が溜まりやすい。

他にも、コストや手間がかかるなど、浄水器のフィルターはやっかいですよね。

今回は、おすすめの「マイクロバブル生成器」をご紹介。
これで、フィルター交換や、浄水器の雑菌とはおさらばです。

 

浄水器フィルターのデメリット

多くの浄水器にはフィルターがついています。
しかし、わしはフィルターのないタイプがおすすめ。

浄水器のフィルターに雑菌が溜まる

浄水器のフィルターには雑菌がたまりやすい。
なので、多くの浄水器は抗菌剤として「銀(銀イオン)」を使っています。(メーカーによって異なる)

もちろん、銀イオンは体にとって嬉しくありません。

しかし、日本で銀イオンは規制されていないっ。(+o+)
その理由は・・・

「少量なら大丈夫ぅ」( `ー´)ノ

でました!もはや得意技ですよね、これ。

銀イオンは菌を殺すので、人間の体内の菌も殺される。

体内に入った銀は排出されにくく、中毒の危険性があるといわれています。
さらに、「水に溶けた銀イオンの毒性は、水銀イオンの毒性に匹敵する」という学者もいるんですよ~。

実際に、アメリカやドイツでは有害化学物質として、銀イオンの使用が規制されています。
(アメリカでは0.1ppmまで、ドイツではより厳しく0.01ppmまでと規制。)

浄水器のパンフレットに「養魚用には使用しないでください」と書かれているのは、やはり何かしらの害があるからでしょう(;´・ω・)

 

フィルターカートリッジの交換を忘れる

フィルターカートリッジの交換って、正直めんどう。
わしも昔使っていましたが、フィルター交換をうかっり忘れがち。

カートリッジの交換期限を過ぎたフィルターは、浄水能力が落ちるし、雑菌が増えます。

カートリッジ交換は、お金も手間もかかるので、避けて通りたい道ですよね。

 

フィルターの中空糸膜に親水剤が使われている

中空糸膜(ちゅうくうしまく)とは、膜の利用形態のひとつで、一端が閉じたストロー状、マカロニ状の膜のこと。

家庭用浄水器のふたを開けたり、のぞき窓からのぞくと、そうめん状の白い中空糸を見ることができる。
主に水道水中に含まれる濁りの成分(微細な粒子や雑菌・赤サビなど)を除去する役割を果たす。

ウィキペディア(Wikipedia)より

中空糸膜とはポリエチレンなどの化学繊維で作ったマカロニ状の膜。
壁面に0.1ミクロンの穴を無数にあけ、ミクロの”ザル”で、バクテリアや細菌、赤サビ、濁りなどをろ過します。

さて、この中空糸膜。
ミクロの穴があまりに小さすぎて、水の分子すら通りにくい。
そこで、「親水化剤」という 薬剤を使用して、水を通りやすくしています。

この「親水化剤」は、企業秘密なので実態は分かりませんが、合成界面活性剤と似たような薬品だと思います。

 

浄水器のフィルターは、注意しないと、雑菌や銀イオン、界面活性剤を体内に取り込むことに。

 

スイジン社「マイクロバブル生成器(ヘルシーBUBBLE-2)」

ここで登場するのが、フィルターのない浄水器、ヘルシーバブルです。
正確にいうと浄水器ではなく、活水器かな。

 

 

マイクロバブル水とは

マイクロバブル水を一言で説明するなら、「溶存酸素の多い、エネルギーのある水」。
自然の湧き水も溶存酸素の多い水です。

マイクロバブルは、50マイクロメートル以下の小さな気泡。
人間の毛の太さ(直径約70マイクロメートル)より小さい泡です。

このマイクロバブルが集合すると、液体が白く濁っているように見える。
(↓マイクロバブル生成器を通した水)

マイクロバブルは30秒で程で破裂し、より小さくなって見えなくなりますが、30日位は水中に存在するようです。

 

マイクロバブル水の特性と効果

<マイクロバブルの特性>

・除菌
・溶存酸素濃度の増加
・マイクロバブル水はマイナスに帯電、プラスの汚れ(皮脂など)を吸着する
・塩素を無害化   

などなど。

<マイクロバブル水の活用例>

・排水処理
・健康、美容
・養殖
・歯科の口腔衛生  

などなどなど

マイクロバブルの研究はまだ始まったばかり。
これからどんどん注目される分野だと思います。

マイクロバブルの説明は、かなり長くなるので、また別の記事で書きますね。

 

フィルターがない

フィルターがないんです。
フィルター交換がないんです。

一度買えば、その後は水道代以外かかりません。
コスパ最強です。

雑菌や化学薬品(銀イオンや界面活性剤)の心配に別れを告げましょう。
セイ!グッバイ( `ー´)ノ

 

塩素を無害化

フィルターがないので、塩素はとれません。
しかし、マイクロバブルの効果で、塩素を限りなく無害化している。

「塩素がマイクロバブルにより無害化して、塩素イオンとしてあるものを検査している。」

「金魚の水槽にそのまま入れても、むしろ元気に泳いでいる。」

スイジン社のホームぺージより

実際、塩素の臭いは無くなります。

どうしても気になる方は、ビタミンCを入れればいい。
塩素が中和されますよ。

まだお読みでない方はこちらの記事も参考にしてください。

水道水を安全に飲む方法

 

酸素の力で汚れを落とす

マイクロバブル水は汚れを落とす力が強い。
マイクロバブル水を使ったお風呂は「石鹸のいらないお風呂」として、注目を浴びています。

 

超微細気泡「マイクロバブル」で農薬除去に成功 明治大学

農薬につけ込んだ青果物の残留農薬を調べるため、脱塩素水道水と比較実験を行ったところ、マイクロバブル水は水道水より、効率よく農薬除去ができた。

サニーレタスでは30分マイクロバブル水に浸けると60%、24時間後には100%の農薬除去効果が実証された。

農業協同組合新聞より(2009/9/18)

 

溶存酸素の多い水は良い水の条件

酸素はエネルギー。
酸素の少ない水は、エネルギーのない水。
しかし、世の中の水は酸欠状態です。

溶存酸素の多い水を飲むと、血液の循環が良くなります。
細胞の新陳代謝も活発になることでしょう。

 

雑菌が溜まらないマイクロバブル生成器はおすすめ

・浄水器のフィルターには雑菌が溜まる
・フィルターに銀イオンや親水剤など有害化学薬品が使われている
・フィルター交換はお金と手間がかかる
・フィルターのない「ヘルシーバブル」はおすすめ

 

水道水にマイクロバブルが入ると水質が変わります。

・大腸菌などに対して除菌効果があり、洗浄水にも最適
・ご飯がふっくらもちもち炊き上がり、冷めてもおいしい
・お茶やコーヒーの抽出がよく、美味しく飲める
・お味噌汁、その他の料理も一味おいしくなります
・美肌効果があり、手荒れの改善、洗髪も柔らか仕上げ
・ペットや植物に優しく、切り花も長持ちします
・使用後の排水にも酸素が多く含まれているため、排水管の洗浄と水質浄化作用があり、地球環境にも優しい

 

ヘルシーBUBBLE 取説より抜粋

 

ヘルシーバブルのデメリットを挙げるとすれば・・・
「シャワーや首振り機能がないので、ちょっと洗い物がやりづらい」かな。(´・ω・)

しかし、その他はコスパ面でも機能面でも優秀だと思います。
シャワーにつけるタイプもあるので、スイジン社のホームページをチェックしてみてください。

それでは、今日はこの辺で。
最後まで読んで下さり、ありがとうございました。

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


プロフィール

名前:ひー
資格:理学療法士
病気を治す方法、病気にならない方法を追究中。
食べ物、運動なども大切だが、意識(思い)を改善しないと真の健康は得られないと気付く。
例えば、争い、憎しみ、怒り、心配事、嫉妬、不安、ねたみ、利己主義・・・どれも病気の原因になると思っています。これらは分離感から生じることが多い。
SORA(空)はひとつ。
みんながひとつの方向に進むシナリオを、みんなで描いていきたい。

おすすめ記事