無農薬、無化学肥料で素人が家庭菜園はじめました!

どうも~、ひーです。

農薬を排除することが地球や人の健康にとって重要。

そう思っています。

空気も水も土地も農薬で汚染されている。
このまま農薬を使い続けると、将来、安心して飲める水がなくなるかもしれません。

いやマジで。

 

とゆーことで・・・・

農薬や化学肥料を使わないで野菜をつくる実験を開始しました。

この記事はわしの家庭菜園日記のようなもの。
無農薬、無化学肥料の家庭菜園に興味のある方は読んでやってください。

 

畑を耕す~2018/6/9~

わしの住まいはアパートなので、今回は友達の家の庭をかりました。
お気づきでしょうが、開始が6月!!かなり出遅れています。( ゚Д゚)

 

家とガレージに挟まれた空間で広さは5M×3Mくらい。
日当たり不良です。(´・ω・)
今まで畑として使ったことはないらしい。

土は砂地のような感じで、とにかく石ころが多いぞ。

雑草さえ生えていないことが気になる。(´・ω・)

死んだ土地とはこのことか・・・

それはまるで世紀末。
20xx年、ケンシロウが歩く荒野のようです。

 

「ヒャッハー!!開拓じゃ~( `ー´)ノ」

まずは土を掘り起こすのだぁ~

「ザクッ!!カチーン!!」
「ザクッ!!カチーン!!」
「カチーン!!!」

 

い、石がぁ~
開拓の邪魔をしよる。

 

石をバケツに拾い集めて、すたこら畑の外へ。

 

気を取り直して再び。
「開拓じゃ~」

 

ネットで調べたところ、深さ30センチまで掘り起こすとのこと。

土に空気を入れ、土をやわらかくすることができるらしい。

野菜は土の中の微生物を吸収して育つから、土の中の微生物を増やすことは重要。
土の中に酸素を入れることで、嫌気と好気のバランスがとれ、微生物が繁殖しやすい環境が生まれるのだろう。

 


3時間作業して、とりあえず今日はこの辺で勘弁してください。

今まで感じたことのない疲労感が腰に・・・( ゚Д゚)

 

畑の土のペーハーを計る

一般的に、野菜には適正PHなるものがあるようです。

なので、土のPHを測定することは必要。
ちなみに・・
わしはPHは中性が良いのではと勝手に思っております。

下記サイトを参考にして、土のPHを計ってみました。

 

土壌用酸度測定器(pHメータ)を買って土に差せば、瞬時にpHを計測できる。
でも、年に何度も使わない器械に3000~6000円も出すのは気がひけるのと、
おそらく直接測っているのは電気抵抗で、それを酸度に換算しているのだろうから、測定精度は製品によって異なることが予想される。

もう一つの方法は、土を水に溶いて、その上澄みにpH試験紙を浸して測定することだ。
詳しい方法は↓に載っているとおりで、乾燥土壌20gを水道水50mLに溶いて試験紙をつける。

別の本にも「土に2.5倍量の重さの水を加えて溶く」とあるので、この割合なのだろう。

こちらのサイトから引用。

 

う~む・・・
PH5~6くらいかな。

 

 

デジタルでも計測。

PH5.65!!
やっぱ酸性なんだね。(´・ω・)

 

 

 

 

今後は土作りをやっていきます。
タイムラグはありますが、できるだけここに記録を残したい。

 

それでは今日はこの辺で。
ありがとうございました。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


プロフィール

名前:ひー
資格:理学療法士
病気を治す方法、病気にならない方法を追究中。
食べ物、運動なども大切だが、意識(思い)を改善しないと真の健康は得られないと気付く。
例えば、争い、憎しみ、怒り、心配事、嫉妬、不安、ねたみ、利己主義・・・どれも病気の原因になると思っています。これらは分離感から生じることが多い。
SORA(空)はひとつ。
みんながひとつの方向に進むシナリオを、みんなで描いていきたい。

おすすめ記事