旬の野菜が体にいい!超シンプルな理由

「冬にトマトなどの夏野菜がスーパーに並ぶ」便利な世の中になりました。

しかし、便利さに溺れすぎるのはご用心。( `ー´)ノ
わしは旬の野菜を食べることが体にいい」と歌いたい。

旬野菜の栄養価が高いことは承知の事実。
例えば、旬のホウレン草と季節外れのホウレン草の栄養価を比較すると、2倍以上の違いがあると言われています。

でも、それだけじゃないっ。
もっとシンプルで確実な理由があるんです。

今回は自然食のすすめ。
「旬の野菜は体にいい」・・・のぉ巻っ!!

旬の野菜が体にいい理由?

早速ネットで調べましょう。ダッシュ!≡≡≡ヘ(*–)ノ

・旬の野菜は元気で健康に育つ。
・旬の野菜は栄養価が高い
・旬の野菜は味が濃くておいしい
・免疫力や自然治癒力を高めてくれる

などがヒット。

あむあむ。どれも納得の「あむ」ですね。(*’ω’*)

栄養価に関しては、数値で示されているので、理屈抜きでうなづけます。
興味のある方は色々検索してみてください。

わしは違った角度から「旬の野菜が体にいい理由」を説いてみたい。

 

神が用意してくれたから

「いきなり神かい!!」と、豆鉄砲を食らった方、ジャロに相談してください。

「神」の説明は難しいので、これから先はフィクションとして読み進めて頂きたい。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

スーパーの野菜コーナーに、顔写真つきで「私が作りました」というラベルを張った野菜をみかけます。
しかし、本当に人間が野菜をつくったのでしょうか?

その場で「ボンッ」と手の平にトマトを出したら、「私が作りました」も納得ですが・・・。

 

野菜を作ったのは、太陽、空気、水、土の微生物などなど。
人間は野菜をつくるお手伝いをしただけです。

そもそも「野菜の種は誰がつくったんだ」って話ですよね。

では、太陽や空気、水などは誰がつくったのでしょう?

「つくるも何も、初めからあったじゃない」

その通り。

太陽などは宇宙に初めからあるエネルギーです。

イエスはそれを「神」と呼びました。
釈迦は「空(くう)」とかいった。

「ひーはご乱心!?」
「何を急に宗教じみた話を?」

わしは至って正常です。
今朝もトランポリンを5分間ビョンビョン飛びました。

 

神の存在は化学の世界でも否定できなくなってきているんですよ。

筑波大学名誉教授、村上 和雄氏は、1983年に高血圧を引き起こす原因となる酵素「ヒト・レニン」の遺伝子解読に成功しました。

その研究に関する記事で、

「僕はただ書いてあるものを解読しただけだ」
「遺伝子を書いた存在の方がすごい」

といった感じのコメントをしていました。
(かなりうる覚え)( ;∀;)

村上氏は、その遺伝子を書いた存在を「サムシング・グレート」と呼んでいます。

化学者が神を肯定することはタブー。
神を肯定すると、化学の存在が危ぶまれるからです。

 

かなり回りくどい話になりました。

何が言いたかったかというと、野菜は人間がつくったのではなく、宇宙に初めからあるエネルギー(神)が作った。

神は人間に必要な物を、絶妙な設計で与えています。
それは、周りを見渡せばわかる。

鉱物、植物、動物、人間、太陽、水、空気・・・・∞∞∞
どう考えても必要で、絶妙です。

例えば、ミツバチも必要だから存在している。
ミツバチは花粉を運びます。

「世界の食料の9割を占める100種類の作物種のうち、7割はハチが受粉を媒介している」(国連環境計画の報告より)

ミツバチがいなくなったら、食べ物に困る。

神の設計に狂いはないと思います。

 

夏には夏の、冬には冬の

夏には夏に、冬には冬に、食べるべきものを神が用意してくれている。

そのごとく、夏野菜は夏に良く育ち、冬野菜は冬に良く育つ。
これが自然です。

以前、無農薬・無化学肥料で野菜を栽培する農家さんに、こんな話を聞きました。

「無農薬、無化学肥で育てるコツは、季節に合わせて旬の野菜を栽培することです」

これも納得の「あむ」ですね。←しつこい

 

旬の野菜が体に必要な理由を、もう少し掘り下げてみよう。

夏は暑い。
汗をかくから、水分補給が必要だ。
夏野菜でほてった体を冷やそう。

トマト、きゅうりなど、夏にとれる野菜は水分が多い。
水分が多い野菜を摂ることで、水分補給したり、体温を適切に保ったりすることができる。

 

にんじんやゴボウなどの根菜類。
これらはカロリーが高くて、体を温める。
寒い冬にはもってこい。

 

「旬の野菜を食べること」も自然食

自然食というと「無農薬や無化学肥料」、「無添加」などをイメージしますよね。

わしは旬の野菜を食べることも自然食だと演説したい。

「わんぱくでもいい、旬の野菜を食べてほしい」

自然食をするなら、自然に育つものを食べましょう。
冬にビニールハウスでつくられた夏野菜は不自然です。

 

あっ、でも食べたいときに、食べたいものを食べたらいいと思います。
何事もやせ我慢はいけません。

 

それでは、どうも。
今日はフィクションになっちゃいましたね。
まぁ、いつもフィクションですが・・・<m(__)m>

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


プロフィール

名前:ひー
資格:理学療法士
病気を治す方法、病気にならない方法を追究中。
食べ物、運動なども大切だが、意識(思い)を改善しないと真の健康は得られないと気付く。
例えば、争い、憎しみ、怒り、心配事、嫉妬、不安、ねたみ、利己主義・・・どれも病気の原因になると思っています。これらは分離感から生じることが多い。
SORA(空)はひとつ。
みんながひとつの方向に進むシナリオを、みんなで描いていきたい。

おすすめ記事