あなたが1日1.5リットルの水を飲む3つの理由

え!?
1日に1.5リットルの水を飲んでいない!?

あんでまー( ゚Д゚)
そいつは不健康ですぞ。

 

体格とかにもよるけど、大人は1日に2.5リットルの水が、どうしても必要なんですよ~。

まぁ、ご飯や野菜とかにも水分は含まれているから、食事で1リットルは摂っているとしても・・・

2.5リットル(目標)-1リットル(食事からの水分)=1.5リットル(不足分)

「先生!1.5リットル足りません!」(;´・ω・)

 

1日2.5リットルはどうしても必要なのです。

どうしても。(←しつこい)

 

今回は、なぜ1日2.5リットルの水が必要なのかについて。

もし水が足りない人は、水を適切に飲むだけで、今よりずっと健康になれるので、最後まで読んでくださいね。

あっ!水道水はNONOダーリンですよ(笑)

 

水の働き

水の働きは本当に色々あるんだけど、今日の話に関係することを3つ紹介します。

 

①血液と血管を洗う

飲んだ水は腸で吸収され、血管の中を通る。

水は血液と血管の中をきれ~いに掃除してくれるんですよ。

血管内のコレステロールは、高血圧の原因になると有名ですよね。

なんと!コレステロールも水が洗い流してくれますよ。(助かる~)

高血圧の人はせっせと水を飲みましょう。

血液や血管の中を洗って出たゴミは、小便となって体外へ出ます。

1日の小便の量は1.2~1.5リットルといわれていますね。

 

②腸の中を洗い、便を出やすくする

水は腸内の不純物を洗い流します。

腸内洗浄の話をすると、
「コーヒーエネマはどう?」
(お尻からコーヒーを浣腸する方法)

と聞かれますが、

わしは好きじゃない。(ええ、昔やってました)

浣腸するのはちょっと不自然ですよね。
直腸~S字結腸あたりまでしか洗浄しないといえども、

腸内に必要な微生物まで排出しそうだし・・・

 

話をもとに戻して、

水は食べた食物をやわらかくして、腸の中を通りやすくします。

水を飲む量が少ないと、便秘になりやすいって聞きますよね。

「水飲んでるけど便秘なんですけど~」
っていう人は・・・

それでもまだ水が足りないか、飲んでいる水が悪いか、もしくは他の要因かしら。

腸の汚れは排便となって出ていくよ。
便には約100mlの水分が含まれている。

 

③細胞と細胞の合間を洗う

水は細胞と細胞の合間をきれいに掃除してくれますよ。
洗い流した水は、汗となって排出される。

汗をかくと老廃物や毒素が排出されるので、デトックス効果あり!とよく耳にしますよね。

 

この3つの作用がウルトラ大事

この3つの作用が水で行われて、人体は健康状態を保っているのです。

 

体内から出ていく水が2.5リットル

1日に小便となって、排便となって、汗となって出ていく水の量が、大人でだいたい2.5リットルなんですね。
(あっ、呼吸からも水分出ます)

「冬場は汗かかないよ」という人。
実は、冬場も汗かいているんですよ。

乾燥してるから、汗がしたたり落ちることはないけど、皮膚から水分が蒸発しています。

エアコンとかストーブなんか入れてる部屋は、余計に乾燥している。

だから冬場は皮膚がカサカサになるんです。

 

っとまぁー何だかんだ鼻かんだで、1日2.5リットル水が出ていくから、その分補わないといけない。

もし水を補わないと、水の3つの働きが正常に行われなくなって、健康状態を保つのが難しくなります。

 

 

水の飲み方

「よし、じゃあ1.5リットルの水を飲むぞ!」と意気込んで、1.5リットルを一気飲みしても健康にはなれません。(>_<)

体が一度に吸収できる量は決まっているからです。

 

基本はコツコツこまめに

喉が渇く前に飲むこと。

喉がかわいてから飲むのは手遅れですよ~。
喉の渇きは、すでに脱水症状が起きているサインですぞ。

 

朝起きたらまず一杯

朝は体がカラカラな状態。
朝起きたら、まず水を飲みましょう。

朝の水は胃朝を適度に刺激し、便意を催すともいわれていますよ。

 

寝る前に一杯

寝ている間は当然、水分摂取できません。
一方、寝ている間にコップ1杯の汗をかく。

つまり、就寝中の水分は赤字の状態なんですね。

その結果として、血液のドロドロ化を招き、人によっては、いつ脳梗塞が起きてもおかしくない状態に。( ゚Д゚)

これを予防するためにも、寝る前に1杯水を飲むことをおすすめします。

 

あなたは一日どのくらい?

水の働きが理解できたら、自分の1日の水分摂取量を把握して、十分な水分がとれているか見極めてみましょう。

最後に、水道水をガブガブ飲んでも健康にはならないので、ご注意くださいね。

どんな水を飲めば良いかはこちらの記事を参照ください。

「もう迷わない!水を選ぶポイント」

 

では、最後まで読んでくれて、ありがとうございました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


プロフィール

名前:ひー
資格:理学療法士
病気を治す方法、病気にならない方法を追究中。
食べ物、運動なども大切だが、意識(思い)を改善しないと真の健康は得られないと気付く。
例えば、争い、憎しみ、怒り、心配事、嫉妬、不安、ねたみ、利己主義・・・どれも病気の原因になると思っています。これらは分離感から生じることが多い。
SORA(空)はひとつ。
みんながひとつの方向に進むシナリオを、みんなで描いていきたい。

おすすめ記事