ミネラルウォーターの選び方

人に水ばかり勧めるので、ネズミ講をやっていると思われています・・・

ひーです。

 

「おすすめの水は何ですか?」とよく聞かれます。

自然の湧き水が一番!

ですが・・・

場所によってはヤバイ湧き水も。
(ゴルフ場は農薬をたくさん使っているしね)

毎回、湧き水を汲むのはリアルじゃないし。

 

農薬等で汚れている現代は、井戸水も安全とはいいきれません。

 

そうすると、浄水器を使った水道水か、市販の水を買うかになりますよね。

水道水をそのまま飲むは控えましょうね(´・ω・)

 

「私は何を飲めばいいの?」とさまようあなたへ。
今回は、市販の水を選ぶ時のポイントをご紹介。

はっきりいって、どんな水を飲むかで健康状態は左右されますので、ぜひ最後までお付き合いください。

 

お水は最高のデトックス飲料

デトックス商品が出回っていますが、水を飲んで行うデトックスが、一番ナチュラルで効果的。

 

水はものを溶かす能力がズバ抜けているんです。
そう、液体の中で断トツ1位!!

その力で、水は体内の汚れをグングン吸着します。

そして、

腸内の汚れは便として、血管、血液の汚れは尿として、細胞と細胞の間の汚れは汗として、それぞれ体外へ排出しています。

水で体内を常に浄化することが、最も簡単で効果的な健康法ですよ。

 

硬度の低い水

硬度とは、水1Lあたりのカルシウムやマグネシウムの含有量で、WHO(世界保健機関)が定める基準では、硬度120mg未満が軟水、120mg以上が硬水とされています。

 

水のデトックス効果を考えた時、硬度は低ければ低いほどいい。

 

水の中に砂糖を入れてグルグルかき混ぜると、砂糖が溶けて見えなくなりますよね?

さらに砂糖を入れまくると、そのうち砂糖が溶けなくなる。

水は容器みたいなもので、溶かせる量に限界があるのです。

なるべく隙間のある容器の方が、体内の汚れをたくさん吸着できる。

そう、

硬度が低い水は、水という容器に空きが多い状態なんです。

 

例えば、汚れたTシャツを洗濯するとき「ポカリで洗う」のと、「水で洗う」のとでは、どちらが汚れが落ちると思いますか?

水ですよね。

 

「ひーさん、カルシウム等のミネラルも必要じゃないですか?」

たしかに、水に含まれるミネラルも大切ですよね。

いくら硬度が低い水が良いからといって、ドラッグストアなんかに売っている純水は、ミネラルがないので、そのまま飲むのはストップです。

 

たしかにミネラルも大事なんですが・・・

現代人は農薬や添加物など、毒物をたくさん体内に取り込んでいます。

まずは体内のゴミを出すことを優先しましょう。
ミネラルは野菜や海藻とかからも摂れますしね。

 

水分補給は是が非でも水で

「水分は大切だから」とお茶やジュースで、水分補給している人をみかけます。

嗜好品としてならOKなんですけどね(´・ω・)

 

酸素の多い水

人間は酸素がなければ5分も生きることができません。

魚も水に溶けている酸素(溶存酸素)を吸って生きている。
植物も根っこから酸素を吸収しているんですよ。

 

酸素は生命の源、エネルギー。

 

ところが、

現代人は様々な要因から、酸素不足になっています。

・仕事が忙しく、呼吸が浅くなりがち
・猫背で肺を包む胸郭が狭くなり、
呼吸で取り入れる酸素量が減少
・運動不足(運動すると、呼吸回数が増え酸素を補給)
・森林伐採により、空気中の酸素量が減少
・海や川の整備の影響で水に含まれる酸素量が減少

などなど・・・

 

「全ての病気の原因は、酸素不足である」
千円札になっている細菌学者、野口英世の言葉。

 

酸素を多く含んだ水は、どんなサプリや薬もかなわない、最強の健康飲料。

もちろん、深呼吸して酸素を積極的に取り入れることも大切ですよ。

 

この記事の冒頭で「湧き水が一番」といいましたが、それは湧き水が酸素を多く含んでいるからです。

 

世の中には酸素水が色々ありますが、ガスの圧力で酸素を入れたものは、フタを開けると酸素が抜けてしまうそうですよ。

 

スーパーで買うなら非加熱

なぜ非加熱か?
それは水に溶けている酸素(溶存酸素)が、加熱処理したものに比べると多いからです。

溶存酸素量は温度が上がるにつれ減少します。

 

市販のミネラルウォーターは、加熱処理しているものが多いので、非加熱の水を探すのにちょっと苦労するかもしれません。

 

「白湯(さゆ)は健康にいい」といわれていますが、沸騰させた水は酸素が抜けているので、おすすめしません。

沸騰させずに、徐々に36度くらいまで温めた水であればOKです!

 

同じように、お茶やコーヒーを飲むときも、沸騰させないことをおすすめしますよ。

 

迷わず飲めよ!飲めばわかるさ!

良い水を適切に飲むことは、確実に病態を遠ざけます。

「水の飲みすぎは体に悪いんじゃない」

と心配される方もいますよね。

たしかに、質の悪い水の飲み過ぎはストップです。

 

酸素が多くて、硬度の低い水は、多少飲みすぎても問題ありません。

余計な分はオシッコからでていきます。

 

水は健康の基本。みなさんもぜひ実践してみてください。

 

ではでは、最後まで読んでくれて、ありがとうございました。

何かの役に立てていれば嬉しいです。

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


プロフィール

名前:ひー
資格:理学療法士
病気を治す方法、病気にならない方法を追究中。
食べ物、運動なども大切だが、意識(思い)を改善しないと真の健康は得られないと気付く。
例えば、争い、憎しみ、怒り、心配事、嫉妬、不安、ねたみ、利己主義・・・どれも病気の原因になると思っています。これらは分離感から生じることが多い。
SORA(空)はひとつ。
みんながひとつの方向に進むシナリオを、みんなで描いていきたい。

おすすめ記事