農薬野菜を3分で中和(除去)する方法

 

農薬は毒。

『今の農薬は微量なら人体に害がない』
とかいわれてるけど・・・

「微量なら」って。

農家は農薬を撒布するとき完全防備(´・ω・)

 

農薬を野菜にかけて人に食べさせても犯罪にはなりません。

んがっ!しかし、

水の入ったコップに、スポイトで農薬を1滴入れて誰かに飲ませると、殺人未遂で刑務所行きですよね。(>_<)

この矛盾にムラムラしませんか?

 

野菜を煮たり、焼いたりしないで、生のまま食べることは大切です。

けど、

農薬まみれの生野菜をボリボリ食べて、健康になれるのだろうか(´・ω・)

「ちゃんと洗っているから大丈夫だよ」

うんうん。

確かに、30秒以上洗えば残留農薬が減少す、という噂を聞いたことあるよ。

100歩ゆずってそうだとしても、今の野菜は展着剤を使っているものが多いらしい。

展着剤は農薬を野菜に付着させるノリみたいなもの。
雨が降っても、農薬が落ちないようにする役目もあるんだって。

これを流水で落とすのは至難のわざですぞ。

 

さらに、野菜を洗っている水道水には、塩素などの薬品が含まれているので、化学薬品で化学薬品を洗っているような状態でさーねー。

おまけに、農薬は水溶性なので、野菜の中にも浸透しちゃってます。

 

自分や家族の健康を考えると、無農薬の野菜を食べたいですよね。

 

「無農薬野菜は近所のスーパーに売ってないよ」

「無農薬野菜は値段が高くて手が出せないよ」

聞こえるよ、主婦の声。

実際、農薬野菜をしぶしぶ食べている人は多いことでしょう。

 

そこで、

今日は、農薬野菜をできるだけ安全に食べる方法をご紹介します。

自分や家族の健康のために、最後まで読んで、ぜひ実行してみてください。

 

農薬を除去する方法

ペーハー(pH)という言葉をご存じですか?

 

そう、そう、写真をカシャカシャ取って、「ハッハー!!」って笑ってね。

それは林家。

(この寒さは冬のせいじゃない・・)

 

小学生の時、理科室で実験しましたよね。
リトマス紙を用いて、アルカリ性とか酸性とかって。

詳細は他サイトに譲ります。
「石鹸百科」:知っておきたい酸性やアルカリ性、pHの話

ざっくりいうと、pH は水の性質を知るための一つの目安。
化学的にいうと、pH は溶液中の水素イオン濃度 〔H+〕の量を表しています。

酸性からアルカリ性の間に0~14の目盛りをつけて、酸・アルカリの度合いを数字で表すもの。

pH7が中性。それ未満を酸性。
それより大きければアルカリ性と呼んでます。

pH7よりも値が小さければ小さいほど酸性の性質が強く、値が大きければ大きいほどアルカリ性の性質が強いことになります。

 

 

こちらのサイトから引用

 

強酸は毒。
硫酸なんかは強酸ですよね。

強アルカリのトリカブトも毒です。

中性からの偏りが大きくなると、毒性が強くなる、と覚えておいてもよいかと。

 

強酸と強アルカリを上手く混ぜると中性になり、毒性を軽減することができます。

例えば、劇薬の塩酸(強酸)と水酸化ナトリウム(強アルカリ)を混ぜると、毒性の軽減された食塩水ができる。
(化学的に生成されたものなので、無害ではないと思う)

 

この法則を利用して農薬の毒性を軽減することができるんですよ。

 

農薬は酸性です。
なので、アルカリ性のもので中和することができるんですね。

 

しかし、アルカリ性であれば何でもいいというわけではありません。

人間が化学的に生成したものは、不自然なものなので、人体に悪影響を及ぼす場合があります。

中和剤として使うものは、自然界にもともとある、自然なものがおすすめです。

 

高温で焼いた貝はNG

最近は、野菜洗浄用の商品をスーパーでみかけるようになりました。
貝を高温で焼いて、強アルカリ性にしたものがあります。

貝は自然界にあるものなのですが・・・

もし強アルカリ性の貝の粉が胃に入ると、胃酸と反応して悪さをするので、おすすめしません。

 

おすすめは太古のカルシウム

市販のものではこれがおすすめ。
(市販されてないもので、もっとおすすめなのがある)

 

 

【おすすめ理由】

・天然の風化貝を低温殺菌したものなので、体に入っても問題ない

・健康食品としても使えるので、一石二朝

 

【使い方】

①大きなボウルに水を入れ、太鼓のカルシウムちょろっと入れる

②左回りでグルグルかき混ぜる

③野菜をつける(1~2分くらいかな)

以上、

 

何分つけるとか、どれくらいカルシウムを入れるとか、ざっくり適当。

 

ちなみに肉とかをつけてもOK。
酸性の油が中和されるので、体においしくなりますよ。

 

灰汁でも農薬除去できます

灰汁(灰の上澄み液)はワラビやゼンマイなどのアク抜きに使われるやつですね。
灰汁は強アルカリ性なので、希釈して野菜をつければ、農薬除去できるんですけど・・・

最近は化学的な新建材や、塗料のついた木などを燃やして出来た、不自然な灰が出回っているようなので要注意。

自然の木から作られた、良質な灰汁ならOKです。

 

それでは、最後まで読んでくれて、本当にありがとうございました。

ひーポイントカードがあったら、ひーポイントを20個あげたいくらいです。

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


プロフィール

名前:ひー
資格:理学療法士
病気を治す方法、病気にならない方法を追究中。
食べ物、運動なども大切だが、意識(思い)を改善しないと真の健康は得られないと気付く。
例えば、争い、憎しみ、怒り、心配事、嫉妬、不安、ねたみ、利己主義・・・どれも病気の原因になると思っています。これらは分離感から生じることが多い。
SORA(空)はひとつ。
みんながひとつの方向に進むシナリオを、みんなで描いていきたい。

おすすめ記事