病気の原因は酸素不足!?酸素を補給する方法

生きるために何が一番必要だと思いますか?

「お金!!!」

「食べ物?」

「水だよぉ~」

・・・・・

答えは酸素です。(‘ω’)

 

メシを食わなくても、水だけで1か月くらいは生きられる。
ところが、呼吸を止めると、たった1分でも苦しくなりますよね。(>_<)

ちなみに・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

インドには70年間、飲食を一切せずに生きる、驚異のおじいちゃんが存在します。
(ヨガファイヤー!!!)

1940年以来、あらゆる飲食を絶つプララド・ジャニ氏

画像は「イラスト素材の素材ダス」より

 

「体にとって酸素はめちゃ大事です!」

といわれても、当たり前すぎて・・・・
「はぁ~、まぁ吸ってますけどぉ」って感じですよね。

でもでも、運動不足、環境汚染、ストレスなどが影響して、多くの人が酸欠状態だといわれています。

 

肩がこる、腰が痛い、だるい、寝ても疲れが取れない・・・
その原因は酸素が不足しているからかもしれません。

 

歴史に残る名医、野口英世は言いました。
「全ての病気の要因は酸素欠乏である」と。

 

今日は酸素の重要性と補給方法について。

普段から意識して酸素を取り入れることで、体の不調が改善されるかもしれません。
是非最後まで読んでくださいな。

 

酸素は最大のエネルギー源

人間の体は約60~70兆個の細胞からできている。
※人によって細胞の数は異なります。

 

 

 

 

 

 

 

こちらのサイトからお借りしました。

 

細胞ひとつひとつが我々人間と同じように、呼吸して、食事して、排泄して、わいわい暮らしています。

その最大のエネルギー源は酸素。

細胞が活動するためには酸素が必要不可欠。
酸素がなければ心臓は動きません。
脳や内臓、筋肉など全ての細胞の活動源は酸素なんですね。

 

酸素カプセル

酸素カプセルに入って疲労回復するスポーツ選手がいます。

酸素が取り込まれると、血液や体液の循環がスムーズになる。
すると、新陳代謝が活発になり、疲労物質が体外に排出されやすくなるのです。

細胞のすみずみまで酸素が供給されるので、細胞が元気になると思います。

細胞が元気になれば、細胞の塊である人間が元気になるのは当たり前ですよね。

ここでひとつ注意点。

いくら酸素が良いからといって高純度の酸素を吸うことはおすすめしません。
空気には酸素が約21%含まれています。
このバランスが大事だと思います。

 

現代の生活が酸素不足をもたらす

 

運動不足

運動すると呼吸回数が増える。
たまに走ると「はぁはぁ」息が荒くなりますよね。結果的にたくさんの酸素を取り入れることができます。

今の人は昔に比べ歩く量が激減。

昔なら歩いて行ったところが、今は電車や車に乗れば、ほとんど歩かずに目的地に行けちゃいます。
外で遊ぶ子供を見かける機会が減ったことも気になりますね。

 

猫背

猫背で肺が圧迫されると、深い呼吸ができません。
現代人はパソコンやスマホなどを使うことが多く、背中が丸まり、自分で自分の肺を圧迫しています。

 

忙しい

忙しいとき「息つく暇もない」といいますが、文字通り、呼吸は浅くなっています。
仕事が忙しいのを理由に、散歩などの運動ができていない人も多いのではないでしょうか。

 

ストレス

ストレスがあるとき呼吸が浅くなる。落ち込んでくよくよしているとき、イライラしているとき、呼吸は浅くなっています。

 

森林の伐採により酸素が減少

現代の空気中の酸素濃度は21%と言われています。
100年前までは、24%もあったそうな。

酸素濃度が20%になると思考能力の低下、手足のしびれ等の機能障害が起こり始める。

たった1%の酸素濃度低下で、大きな影響が出るのです。

木などの植物は二酸化炭素を吸って、酸素を吐き出します。
この酸素生成器である木が年々減少し、空気中の酸素濃度が減少傾向です。

 

酸素を補給する方法

 

深呼吸

手軽にできるのが深呼吸でしょう。
ポイントは吸うことよりも、息をしっかり吐き出すこと。

めいいっぱい息を吐くことで、自然と深い呼吸ができちゃいます。

深呼吸を行う場所が重要。

 

 

 

 

 

できたら山とか、海とか自然の多いところがいいです。
森林の中なんかは植物がたくさん酸素を出しているので、心地いいですよね。

「仕事の日はそんなとこいけないよ!!」

そんな時は屋上に行きましょう。

なぜ?

コップに砂を入れてかき混ぜる。
しばらくすると、砂がコップの底に沈みます。

砂が重いから。

同じようなことが空気中でも起こっています。
空気中のごみには重さがあるので、下に沈んでいくんですよ。

つまり、

高いところは、低い所に比べて、空気中のごみが少ない。
その分、空気はきれいだと思います。

 

鼻から深呼吸

基本は鼻から呼吸するのがいいとされていますね。
鼻には鼻毛や加湿フィルターがあるので、空気を浄化してくれます。

 

 

 

 

 

 

こちらのサイトから引用

 

ここからは、あまり知られていない話ですが・・・

鼻から呼吸すると、脳細胞の呼吸循環が良くなります。
脳に酸素が多くいって、炭酸ガスが排出される。

脳内がすっきりと浄化されるので、脳の働きが良くなると思います。
脳の働きが良くなると、全身に良い影響が現れます。

 

呼吸でストレス解消

鼻から吸うと腹式呼吸になりやすいので、副交感神経が優位になり、リラックス効果もありますね。

イライラしたり、邪気が溜まっていると感じたときは、
吸った息を口から息を吐き出してください。

お腹に溜まった邪気を「ふう~」っと吐き出すつもりで!
気分がスッキリすると思いますよ。

 

 

口から深呼吸

「口呼吸は万病のもと」ともいわれていますが・・・

実は必要な働きもあると思っています。

口から息を吸うと、胸式呼吸になりやすい。
胸式呼吸により肺が大きく広がります。
普段縮んでいる肺を広げる効果があると思います。

それからもうひとつ。

口からの呼吸は肺や内臓などの呼吸循環を良くする。
肺や内臓を浄化して、働きをアップすると思っています。

 

運動をする

運動すると呼吸回数が増えるので、酸素を多く取り込めます。
散歩や軽いジョギングがおすすめ。

しかし、交通量の多い道路を走ることはNGです。

ランニング時は普段の30倍酸素を取り入れるといわれていますが、
排気ガスをたくさん取り込んだら健康に毒ですよね。

運動するときはなるべく、公園や川辺など空気のきれいなところで行いましょう。

 

溶存酸素の多い水を飲む

酸素を多く含んだ水を飲むことでも酸素補給が可能です。
自然の湧き水が多く酸素を含んでいるといわれています。
※場所によっては汚い湧き水もあるのでご注意ください

現実的には水道水以外を飲むことをおすすめします。

水の選び方についてはこちらの記事を参考にしてください。

市販の水を選ぶポイント!おすすめのミネラルウォーター

 

普段飲むお水はなるべく沸騰させないで、常温で飲むようにしましょう。
温度が上がると酸素がぬけちゃいますぞ。

 

生の野菜を食べる

生の野菜にも酸素が含まれています。
加熱すると、これまた酸素が抜けちゃいます。

しかし、農薬のたっぷりついた野菜を生で食べるのは、農薬を食っているようなもの(>_<)

農薬野菜を安全に食べる方法はこちらの記事を参考にしてください。

農薬野菜を3分で中和(除去)する方法

 

スロージューサーで酸素補給

生野菜を毎日たくさん食べるのはちょっとしんどい。
スロージューサーをつかった野菜ジュースがおすすめ。

ポイントは
・農薬や化学肥料をつかってない野菜
(もしくは安全なアルカリ液で農薬を中和)

・スロージューサーを使う
(高速ミキサーだと熱で酸素をつくる微生物が死ぬから)

・野菜はミックスせず、単品で
(この説明はまた後日)

無農薬の人参が比較的仕入れやすいと思います。

 

痛むところに酸素を送る方法

これは以前、ある整体の先生に教わった方法。
痛みのある部分に酸素を含んだ血液を送ることで、痛みが緩和されます。

①酸素を吸って、止めて、吸って止めて、を繰り返す。
吸って、止めてを繰り返すことで、たくさん酸素が吸えます。

②十分に酸素を取り込んだまま、痛いところにうんと力を入れて一気に吐き出す。

③これを三回ほど繰り返すと痛みが緩和されます。

 

この呼吸体操を用いて、運動不足を解消することも可能です。

同じように息を何回にも分けて吸い込んで、息を止めたまま全身に力を入れてから一気に吐き出す。
こうすることで、全身に酸素と血液がいきわたる。

軽い運動をしたのと同じような酸素、血液循環の効果が得られます。
ぜひお試しください。

 

今日のまとめ

・酸素はエネルギー、酸素不足が病気を招く
・現代人の多くは酸素が不足している
・深呼吸は手軽にできる酸素補給
・運動すると酸素を補給できるが、空気のきれいなところで
・良い水や野菜からも酸素を補給できる

 

それでは今日はここらへんで。
最期までお付き合い頂きありがとうございました。

 

またお会いできる日を楽しみにしています。
したっけ!!!

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


プロフィール

名前:ひー
資格:理学療法士
病気を治す方法、病気にならない方法を追究中。
食べ物、運動なども大切だが、意識(思い)を改善しないと真の健康は得られないと気付く。
例えば、争い、憎しみ、怒り、心配事、嫉妬、不安、ねたみ、利己主義・・・どれも病気の原因になると思っています。これらは分離感から生じることが多い。
SORA(空)はひとつ。
みんながひとつの方向に進むシナリオを、みんなで描いていきたい。

おすすめ記事