家族を健康にする洗濯方法

疲れがとれない、イライラする、肌が荒れる・・・
その原因が洗濯方法にあったとしたら!?

ちょっと信じがたいかもしれませんが、洗濯方法はあなたの健康状態にモロ影響します。

 

今日は家族を健康にする洗濯方法について。
ぜひ最後まで読んで下さい。

 

洗剤は衣類に約20%残留する!?

合成洗剤のすすぎ率に関する研究を紹介します。
かなり昔の研究ですが・・・

すゝぎに関する研究」1956年(市原栄子、松本芳枝、矢部章彦:油化学 第5巻 第3号)

ここでは、60℃の温水を使っても、「モメンのすゝぎ率は17.9%にすぎない」と報告されています。

詳細は「石鹸専科」にゆずります。

 

最近、個人的に参加した勉強会でも「洗剤の20%は衣類に残る」と聞きました。

衣類に残留した洗剤は身体に悪影響を及ぼします。
合成洗剤が肌についたら荒れちゃいますもんね。

 

合成洗剤は衣類のエネルギーを低下させる

「え!?エネルギー」
なんか、うさん臭く感じられますかね(´・ω・)

エネルギーはみえません。
私もエネルギーについて理解してないので説明できません。

でもなんとな~く。

例を挙げてみます。

森林>病院

森林の方が心地良くて、エネルギーは高い。

 

無農薬野菜>農薬野菜

農薬を使った野菜は腐りやすい。(エネルギー低い)
無農薬、無化学肥料の野菜は腐りにくい。(エネルギー高い)

 

健康な人>病気の人

ガラスのコップ>プラスチックのコップ

綿>ナイロン

 

なんとな~く、こんな感じでいきましょう。

※本来、エネルギーは本源、本質のことなので、
高いとか低いとかないんですけど・・・(ぼそっ)

 

もともと自然界にあるものは、人間が手を加えたものや化学的に作り出したものに比べ、エネルギーは高い傾向があります。
(もちろん例外も多々あります)

自然 → バランス → エネルギー高い

不自然 → アンバランス→ エネルギー低い

 

合成洗剤や石けんは自然界にはない、アンバランスなものなので、エネルギー的には低いんですね。

食べたら死んじゃいますもんね。

 

エネルギーは高い方から低い方に流れる

例えば・・・

川の水は高い所から、低い所へと流れますよね。

熱も温度の高い方から低い方へ流れる。

そういう自然の法則があります。

合成洗剤、柔軟剤などで洗った衣類はエネルギーが低くなる。

そうするとエネルギー的には、

人間>衣類

という関係になります。

 

つまり、その衣類を着ると、着た人間から衣類へとエネルギーが流れていきます。

気(エネルギー)が病んだ(低下した)状態が病気ですから、服にエネルギーを奪われると病体の方向へ進むわけですね。

 

衣類のエネルギーを高める洗濯方法

 

40度前後のぬるま湯で洗う

TVの影響で、「洗剤を使わないと汚れが落ちない」という観念に多くの人が縛られていますが・・・

40度くらいのぬるま湯で洗うと、洗剤を使わなくてもある程度の汚れは落とせます。

 

天日干しする

太陽熱で直接干すと衣類のエネルギーが高くなる。
乾燥機よりも全然いいと思いますよ。

太陽光エネルギーだけで、時速100キロで数千キロの走破が可能な車があります。
それくらい太陽光にはエネルギーがある。

洗濯物を干すときは、パンパンして縮まった繊維を伸ばしましょう。
繊維に隙間ができて乾きやすくなり、エネルギーも取り込みやすくなると思います。

 

自然な洗剤を使う

界面活性剤不使用の洗剤などがネットで購入できます。

私は「エルフィンサンゴ」を使っています。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

家庭用洗浄剤 エルフィン サンゴ1.2kg 【環境保全研究所】
価格:1701円(税込、送料別) (2018/4/14時点)

 

 

エルフィンサンゴは、芸能人の小雪さんも愛用しているらしいですよ。

 

皮膚病やアトピーの方は特にやってほしい

もしアトピーの子供がいるなら合成洗剤は控えましょう。
できれば石鹸も。

今、皮膚病の人が多いのは合成洗剤の影響が色濃いと思っています。

 

健康洗濯で人も地球も健康に

まず試しに洗剤を使わないで、ぬるま湯で洗濯してみてください。
下着類なんかは敏感に変化を感じると思います。

洗剤を使わないで洗った下着をつけて寝ると、うんとゆっくり休めて、朝起きたときの心地良さが違うと思いますよ。

合成洗剤やせっけんなどの使用量を減らし、家庭から出る水をなるべく汚さない努力をしたいものですね。

そうするとダムの水がきれいになる。
そうすると水道の水がきれいになる。

結果的に70%が水分といわれる人間の体がきれいになり、健康の保持につながると思うのです。

 

ではでは、最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


プロフィール

名前:ひー
資格:理学療法士
病気を治す方法、病気にならない方法を追究中。
食べ物、運動なども大切だが、意識(思い)を改善しないと真の健康は得られないと気付く。
例えば、争い、憎しみ、怒り、心配事、嫉妬、不安、ねたみ、利己主義・・・どれも病気の原因になると思っています。これらは分離感から生じることが多い。
SORA(空)はひとつ。
みんながひとつの方向に進むシナリオを、みんなで描いていきたい。

おすすめ記事