水道水を安全に飲む方法

水道水、飲んでますか?

水道水には塩素の他、色々な薬品が使われています。

塩素の入った水道水で金魚は長生きできません。

「水道水はバイ菌がいなくて安全」といわれていますが、これを逆に考えると、バイ菌さえも生きられないということ。

これすなわち、私たちの体内に必要な菌も生きられないということ。

私たちの肉体は、小さな小さな微生物(菌とか細胞)の集まり。
顕微鏡で人間をのぞいたら、そこに見えるのは、人間じゃなくて微生物です。

食べ物を分解、吸収し、栄養に変換して、体内に分配する。
これ全て、微生物の働きなんです。はい。(・ω・)

 

水道水は生活に欠かせませんが、そのままグビグビ飲むのはNG。( `ー´)ノ

今回は、水道水をできるだけ安全に飲む方法を紹介します。

 

ビタミンCを入れる

ビタミンCを入れることで、塩素を中和できます。

ビタミンCで塩素を中和する反応式は以下のとおり。

 

C6H8O6 + NaClO  → C6H6O6 + H2O + NaCl
(ビタミンC+次亜塩素酸ナトリウム → 酸化ビタミンC+水+塩化ナトリウム)

 

ビタミンCを入れる量は、ほんのちょっと。
約5リットルに対し、みみかき1杯くらいでOKです。

使用するビタミンCは天然由来のものがおすすめ。

 

お風呂に入れるのもグッド!!

ビタミンCを買ったなら、お風呂にも入れましょう。
特にアトピーなどでお悩みの方は激オシです。

入れる量は浴槽の大きさにもよりますが、1グラム~3グラムくらいで良いそうです。
(わしは適当に5グラムくらいは入れてまう)

 

天然塩を入れる

お塩は化学薬品などでバランスの崩れた水を中和します。
ミネラル補給もできて一石二鳥ですね。

こちらの記事も参考にされたし。

水に天然塩を入れて飲む理由

 

スイジン君(マイクロバブル生成器)をつける

世の中にはたくさんの浄水器がありますね。

「とりあえず安いものを」

とゆーのであればスイジン君がおすすめです。

マイクロバブルの効果で塩素の害も激減します。

 

溶存酸素の多い水は、良い水の条件。
スイジン君で手軽にマイクロバブル水がつくれます。

さらに、フィルターがないので衛生的かつ経済的。
面倒なフィルター交換とはおさらばです。

 

沸騰させるのはNG

沸騰させることで、塩素は抜けます。
しかし、超大事な酸素も抜けてしまうのでいけません。

白湯を飲むときも沸騰させずに、40℃くらいで加熱をやめましょう。

 

水道水を飲んでいる人に教えてあげよう

水道水をできるだけ安全に飲む方法。

・ビタミンCを入れる(天然由来)
・天然塩を入れる
・スイジン君をつける

 

それでは、今日はこの辺りで。

最後までお付き合い頂き、ありがとうございました。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


プロフィール

名前:ひー
資格:理学療法士
病気を治す方法、病気にならない方法を追究中。
食べ物、運動なども大切だが、意識(思い)を改善しないと真の健康は得られないと気付く。
例えば、争い、憎しみ、怒り、心配事、嫉妬、不安、ねたみ、利己主義・・・どれも病気の原因になると思っています。これらは分離感から生じることが多い。
SORA(空)はひとつ。
みんながひとつの方向に進むシナリオを、みんなで描いていきたい。

おすすめ記事