収穫できました。~無農薬、無化学肥料で素人が家庭菜園~

↑の写真は収穫の成果です。

(途中経過を随分はしょりましたが・・・)

ミニトマトとナスは食べきれないほど採れますね。

食べた感想は・・・

ナスはちょっともさっとした感じ。
トマトはやや味薄め、皮は固くなく食べやすい。

味はやや微妙でしたが、全然ふつーに頂けます。

どちらも市販の物に比べて、ちょっぴり香りが強い印象を受けました。

 


今年の北海道は冷夏や長雨でしたが、一応収穫できてよかったです。

 

その他、ハーブ類は育ちましたが、リーフレタスは枯れました。
大玉トマトもできなかったです。(;´・ω・)

今回の実践を振り返って、次回の家庭菜園に役立てたいと思います。

 

はじめての家庭菜園を振り返る

 

土が死んでた

砂地で、水はけが良すぎました。
石ころもメチャクチャたくさんあります。

あとドクダミがすごい生えてくる。
(以前の家主さんが育てていたそうな)

 

とにかく土に住む微生物をもっと増やさなければ。

土を買うのはちょっと気がひけますが、保水性のある土を入れることも検討。

森のよさげな土と落ち葉をつかって、腐葉土を作ろうと思っています。

 

行動が遅かった

開始が6月9日と遅く、いろいろ出遅れました。
次回は5月中旬には始めたい。

 

落ち葉堆肥が未熟だった

公園で手に入れた落ち葉堆肥が未熟でした。
量も不十分。

次回は自分で落ち葉堆肥を作りたい。

 

寒さ対策を怠る

今年の札幌はなんか寒かった。
けど、特に対策はせず。

次回は、敷藁を試そうかな。

 

水やりの問題

散布した水は水道水です。
でも、それでは野菜も嬉しくないと思ったので、

「スイジン君」という水活性器を通した水を使いました。

これはナノバブル発生器。
塩素の害も弱めてくれるそうです。

詳しくはこちらのホームぺージをご覧ください。

 

「スイジン君」はキッチンで使っているので・・・
キッチンで水を汲み、それを畑にもっていくという重労働。
これはかなり非効率(;´・ω・)

 

このシステムは改善する必要があります。

 

老後の趣味は家庭菜園で決まり!!

今回、家庭菜園をやってみて本当によかったです。

良い運動にもなって、野菜が獲れる。
趣味にするにはもってこいだと思います。

お歳を召した方は、パークゴルフや散歩もいいけど、
家庭菜園がおすすですよ。

頭も結構使いますし。

 

それでは、

本日もありがとうございました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


プロフィール

名前:ひー
資格:理学療法士
病気を治す方法、病気にならない方法を追究中。
食べ物、運動なども大切だが、意識(思い)を改善しないと真の健康は得られないと気付く。
例えば、争い、憎しみ、怒り、心配事、嫉妬、不安、ねたみ、利己主義・・・どれも病気の原因になると思っています。これらは分離感から生じることが多い。
SORA(空)はひとつ。
みんながひとつの方向に進むシナリオを、みんなで描いていきたい。

おすすめ記事